司法書士 斉藤恭生事務所 > 住宅ローン問題

住宅ローン問題

住宅ローンでお悩みの方へ

収入の減少や離婚などを原因に、経済環境に変化があった方から、住宅ローンの返済について、不安の声が増えています。

住宅ローンの返済困難に行き詰まってしまった方や、競売手続きが始まってしまった方へ、解決方法を提案します。

景気の先行きが見えない中で、住宅ローンの支払い悩まれている方が増えております。
競売されてしまったら、そのまま住み続けることが難しくなります。

住宅ローンの悩みは、誰にも相談できず、苦しんでいる方も多いと思います。当事務所は、このような皆様の窮地を救うための提案をさせて頂きます。

せっかくマイホームを購入したにもかかわらず、家を手放さすことなる前に是非ご相談下さい。住宅ローンの滞納や延滞の悩みには、解決方法があります。ご家族との安心した将来をのために、私たちと共に再出発してみませんか。

住宅ローンと債務整理

住宅ローンの支払いが延滞しているということは、法的に言うならば、債務弁済ができない状態ですから、「債務整理」を行わなくてはならない状態であると言えます。

「債務整理」には、いくつかの方法(任意整理・破産・民事再生など)がありますから、あらゆる選択肢を検討し、最適な方法をアドバイスしながら手続を進めていくことができるのは、法律家である司法書士か弁護士だけです。

この点、不動産業者は「不動産売買」の専門家ですが、債務整理の専門家ではありません。

つまり、住宅ローンが支払えなくなったときは、まず、司法書士などに相談することが大切です。自宅を守りたいか、それとも引っ越しをしてもいいのかなど、依頼者の希望をよく伺った上で、最適な方針をアドバイスします。 

住宅ローンの支払いが苦しくなった方が、住宅ローンを返済するためにキャッシングを利用して借金をしているといった例も少なくありません。そこで、住宅ローンだけを考えるだけではなく、現状抱えている借金も総合的に検討しマイホームを守っていく、または再スタートする方法をご提案させて頂きます。



住宅ローンの支払いが苦しくなったときの解決方法

■任意売却
競売によって売却される前に、銀行などの担保権者と話合い、抵当権を解除してもらって不動産を売却します。不動産には、担保権・用益権など複雑な権利関係が存在します。不動産をを売却するためには、これら利害関係人全員の同意が必要となります。

担保権者などの利害関係人全員の同意を得ることが難しいところですが、競売されるより売却代金が高くなることが予想されますので、依頼者様にはメリットが大きくなることになります。

任意売却をしても、残債が残る場合は、支払える範囲で残債を長期分割したり、残債が多い場合は破産を選択することもあります。

〈任意売却のメリット〉
●引越費用を出してもらえることがある
●介手数料・滞納管理費などの諸費用負担が原則的に無い
●競売にならないので、誰にも知られずに手続きを進められる
●競売と比較して、売却費用が高くなる可能性が高い
●身内の方が買い取れば、そのまま住み続けることができる可能性がある 


■任意整理
住宅ローン以外で、キャッシングやカードで買い物をしてしまっている方に有効です。住宅ローン以外の債務について債務整理すれば、これらの支払いは、月額で半分以下になることもあります。

sign01詳しくはこちらをご覧下さい。


■民事再生
住宅ローン以外の債務がある方が利用する手続きです。
意整理で想定される月々の負担額が大きすぎて、返済していくことができないが、破産はしたくないという場合に選択されます。

個人再生手続きは、住宅ローン以外の債務を1/5まで圧縮して、3年間の分割で支払うという再生計画を立てます。そして、再生計画どおりに支払いを実行すれば、残りの残債務が免除されるという制度です。

住宅ローンをそのまま支払うこともできますし、「住宅ローン特約」を利用して、再生期間中の負担を軽減することもできます。

任意整理でも、住宅ローン以外の債務を無利息分割することが可能です。しかし、任意整理と比較すると、個人再生手続きでは、住宅ローン以外の債務を大幅に減額することが可能となります。

<個人再生のメリット>
●破産には職業の資格制限があるが、再生手続きにはこれがない。
●破産と異なり、借金の原因は基本的に問われません。ギャンブル等の免責不許可事由があっても利用可能。
●個人再生手続きで決められた弁済計画を守れば、自動車を持つことができる。


■破産
破産手続は、ある意味、最強・最終的な解決方法です。
不動産を失うことになりますが、基本的に全ての債務が消滅します。借金が無くなるので、極めてシンプルに、生活を立て直すことができます。

破産して不動産を失うことは、「全てを失い最悪の結果」だと考える方もいらっしゃいます。しかし、毎月払いきれないほどの住宅ローンに追われ、固定資産税を滞納していた今までに、終止符を打つことができるのです。

身の丈にあった家賃の賃貸に住み、お金に追われることなく生活していくことができます。最近は、家賃も下がってきており、今までの住宅ローンの約半額で、同じような間取りの賃貸に引っ越せた方もいらっしゃいます。
 
また、実際には、所有している不動産がオーバーローンに陥っており、破産しても、経済的には悪い選択でない方が大勢いらっしゃいます。

<オーバーローン>
現在の不動産価格より住宅ローンの残債が多い場合をいう。
不動産の売却価格が2,000万円なのに、3,000万円のローン残債があるようなケースが典型例。
3,000万円以上かけて、2,000万円の価値のものを買うと考えると分かりやすい。


実際のところ、住宅ローンの滞納で悩んでいる方の選択肢としては、この手続を選択する方が増えています。



まとめ

住宅ローンの返済に行き詰まった場合、どのように解決すればよいのでしょうか?

解決方法はいくつかあります。
依頼者一人ひとり、抱えている問題が異なるため、その方に最適な方法を提案します。依頼者のご要望に沿った解決法でサポートさせていただくことはもちろんのこと、専門家としての見地からベストな方法をアドバイスさせていただきたいと思っております。

依頼者様の収入や財産状況、今後の見通しや不動産価格など、総合的な立場に立ってアドバイスします。

司法書士斉藤恭生事務所へのお問い合わせ

このページのトップへ